×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

井上和彦の通販レビュー


ライブビデオ ネオロマンス 15thアニバーサリー(初回限定版) [DVD]
価格: 7,140円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2
20日昼の部の参加しました。
3枚組で1日ごと、3日分のDVDということですが、1枚当たりの時間が気になります。
今回歌がメインなのでどの部分をカットしてDVDに収めるのかな、と。
エンディングの作品ごとのトークと歌は、最終日だけでなく全部の日が入っているといいなと思ってます。
ファイブスター物語 [Blu-ray]
価格: 5,460円 レビュー評価:4.5 レビュー数:5
DVDも持っていましたが、DVDを買取してBDを待っていました。

正解でした。自分の画面はPIONEERの50インチのものですが、

色から、動きの時線の鮮明さ、音などの

全てが大満足で改良がちゃんと出来上がったと思います。

是非、BDで見てください。

でも、やはり角川書店のファンに対するサービスは最低ですよね。

設定ブックレットとか作って欲しかったんですよね。

これ以外はBDは満足ですので。
聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) Vol.1 [Blu-ray]
価格: 6,825円 レビュー評価:4.0 レビュー数:6
今時珍しいファンタジーもの
結構気に入っちゃいました。
かっこいい殺陣、結構リアルに描かれる刀を打つシーン
出来上がったその刀も見事に描かれています(日高監督曰くかなりの量の資料を読み込んで研究したんだとか、熱意が伝わりますね)
本編の内容もベタですがいい感じ
多少の突っ込みどころはご愛敬
毎週楽しみに見させていただいてますので☆を5つつけさせていただきました
官能昔話4~グリム童話~
価格: 2,100円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
官能昔話第4弾、グリム童話です。
案内人は井上氏です。フェイントもかましつつ飛ばしてます。準備段階で悶絶する仕掛けは相変わらずです。勿論イヤフォンまたはヘッドフォン装備で聴きましょう。

今回はリスナーが官能サーカスに迷い込んで童話の世界が展開する仕掛けになっています。「カエルの王子」は石田氏、「ヘンゼルとグレーテル」は鳥海氏、「ラプンツェル」は羽多野氏、「赤ずきん」では全員が参加しています。

「カエルの王子」はヒキガエルの足音が本当に気色悪いSEでした。一時夢オチかよと思わされました。音響効果は相変わらず凄いですね。カエルとは言
官能昔話2~アンデルセン童話~
価格: 2,100円 レビュー評価:4.5 レビュー数:13
特に好みの声優さんがいるわけでもなく、ただ気になったので買ってみたのですが・・・
想像以上にすごかったです。なんかもう破壊力が(笑)

童話のストーリーなんて全然覚えていないのでお話は純粋に楽しめました。
声優さんの演技はみなさん素晴らしくてすごく良かったです。

そして気になるダミーヘッドマイクですが・・・
や、やばすぎます。冗談でなくてめちゃくちゃ腰にきましたw
本当にささやかれてるみたいで感動でした。
人魚姫の海のSEもすごかったです。波の音が綺麗で。

ドラマCD ラディカル・ホスピタル
価格: 3,150円 レビュー評価:4.0 レビュー数:5
藤原啓治さんのお声が、主人公(?)榊医師の“おちゃらけて見えて、実は患者に真摯である”イメージにぴったりでした!キャストフリートークもあって、声優ファンとしても面白かったです。
BLUE SEED(2) [VHS]
価格: 5,403円 レビュー評価: レビュー数:
BLUE SEED(4) [VHS]
価格: 5,403円 レビュー評価: レビュー数:
BLUE SEED(5) [VHS]
価格: 5,403円 レビュー評価: レビュー数:
VitaminX Evolution コンプリートガイド (B’sLOG COLLECTION)
価格: 2,205円 レビュー評価:4.5 レビュー数:3
ま?
表紙のカッコいいこと!!笑

内容は主に、
vitaminX Evolutionの攻略で、

■B6とT6のプロフィールやサブキャラクターの紹介

■イベグラの紹介、タッチボイスの位置説明

■T6のショートストーリー

■T6声優インタビュー

■スタッフインタビュー

■アクションポイントの場所

■特殊なチャプター出現条件

■月末試験の問題と解答

と、こんな感
こんなに強い自衛隊 その秘密99―日本には世界屈指の「軍隊」がある!!
価格: 500円 レビュー評価:4.0 レビュー数:6
価格も安い割に充実しているので買ってもいいかも知れませんが、他の本も併せて読んだほうがいいと思います。この本では自衛隊が非常に強力みたいですが、そういう部分があるとしても、全体としてはとてもそうとは思えません。感情的な記述も目立ち、贔屓の引き倒しのような感じを受けました。

広告タグ

フッター